ひよりの正直

あなたに逢いたくて

揺れる…本音💓💦

あなたに、逢いたいと願いながら…
“でも、こんな私では、逢えない”…と、思う自分もいる。

今の私は、ただのオバサン💦‼

あの頃、
まるで、『掌の中の“宝物❇”』を慈しむみたいに、
あなたに大事に、大切に、きっと…
“想ってもらえていた”…女の子だった面影は、
もう…
今の私は…宿していない😢💦


なにを、どう、言い訳しても…
醜く…廃れた、ただの…オバサン😢💦


人相も変わり、体型もかわり、体調も崩し、…
うまく生きれずに…😞💦‼
殻に閉じ籠ったまま…

殻❔、いいえ…少し違うのかな💦⁉

純度の高い氷の世界みたいな…

周りの世界は、きっと当たり前に動いていて、
それらを透明な氷越しに見ている私だけが…

そこから動けない…💦‼


こんな奴、
きっと、あなたに呆れられちゃうもん💦
きっと、あなたに…
門前払いされちゃうよね…😂💦


情けない生き方している、わたしです😢💦‼


帰郷後の人生、
どこか、投げやりに生きて来てしまったから。


力に抗えなかった、私😞💦
自力で、人生を切り開けなかった、私😞💦
意地で…自らの手で、
人生を切り開こうと、しなかった私😞💦


その当時は、自分は、何に満たされていないのかも、
解らなかったし、判らなかった。


どうしたら、満たされるのかも、
…判らなかったし、解らなかった。


ひとつたけ判っていた事は、
わたしの本意とは違う、レールに乗せられてしまった事だった。


そんな田舎での人生から、逃げ出したかった😢‼


でも、結局は…流されたまま、情けなく生きて来てしまった…💦‼


こんなダメダメ人間のオバサンじゃ、
…こんな…マイナス思考に支配され続けてきた…
私なんかじゃ、😢💦、とても、とても、
恥ずかしくって、恥ずかしすぎて、情けなくて、
…本多さん、
あなたに、逢えない…でしょ…😢💦😂💨‼





それでも例えば、信じられないキセキ❇が起きて、
あなたに逢えるかもしれない…
って、そうなった時、
…わたしは、どう思うのかな❔
どんな選択をするのだろう⁉





『こんな惨めな姿の私を、
あなたにだけは、見られたくない…😢💦

あの頃の、美しい想い出のままの…“ふたり”を、
それだけを縁(よすが)として、その先もずっと…

ずっとひたすら胸に秘め…
ひとり生きて往こう…💓😂💦』

そう、思うのかな…💦⁉‼





それとも、
それが、あなたに逢える
…わたしの人生最後のチャンスだとしたなら、

どんなに惨めな私でも、
どんなに情けない私でも、

全部さらけ出して、例え…
あなたから、木っ端微塵に嫌われるとしても、

本多さん…💓💦
あなたに、逢いたいと…願い

逢って…
わたしの泪も想いの全ても、玉砕される方を…



わたしは、選択するのかな…😢⁉





今、心の泉✨🌁✨は、
霧に包まれ、その姿を見せてはくれないみたいです💦