ひよりの正直

あなたに逢いたくて

🚏💖動き出してた心…

f:id:bukiyouna-kuma:20171005004214j:plain

ねぇ本多さん、わたし、…いつから、あなたに恋してたのかな😘⁉
自分でも無意識な内に、…そうとは自覚出来ずに😊💦

初めて、あなたの部屋に連れて行かれた日(←😉💦)、確か…あなたの店から客注品の依頼があった。
早番だった私が届ける事になって、…。

以前までとは違う気持ち感じてた…。

『あなたに逢える…💓💦💓💦💓💦💓💦💓…』そんな“逸る気持ちを、抑えきれず”に…😊✨‼
あなたの店へと向かっていました。

店に着くと、あなたの姿が見えなかった。落胆を隠せない単純な作りの私😅‼
カウンターへと品物を届ける。挨拶しながら手渡していたら、バックヤードから、…あなたが出てきた。

『おっ!お疲れ❗』「あ、本ちゃん💦お疲れ様です」
平静装おって内心ドキドキ💓💦心臓ばくばく💘💦だった、…わたしでした😉💦。

あなたは、そんな私の変化に気付いていたのかなぁ?
😘💦⁉

すんなりと帰りたくない私の心が暴走😉💦(今思っても、いや、あなた確実に“恋おち”でしょ(笑)!って、その時の自分に教えてあげたい😅💨)

何とかして、他の店員に気付かれずに、本多さんと話したい私…。今だ!そう思って近づこうとしたら女性客が真っ直ぐ本多さんへと近付いた。失敗(笑)💦❗

軽く接客しただけで数点まとめ買い💨❗ハンサムって得だなぁ💨って、思いながら見ていた私…。

もうムリ…😞💦。これ以上ここにいては怪しまれるから、諦めて帰ろっかなぁ💓💔💦…。
「じゃあ💦私これで、…お先に失礼致します」…。
女性店員に挨拶して店を出ようとしたその瞬間、…
『じゃあ、オレ上がるわ!あとヨロシクな❗』。(えっ💓💦⁉…)

平静装おって…「本ちゃん早番だったの?」(←💦)
確か、作業が終わらず上がり損ねたと言っていた本多さん。『お前、飯は?』「どうしよっかなぁ…。何か買って帰るよ!」素で答えた私だった。
腕をつかまれ、『飯でも、付き合え❗』そう言われた。

“恋おち”している自覚症状はなくとも、突如、緊張に支配されまくる鈍感でマヌケな、…わたし😅💦。内心は
「ムリぃ😵💦❗緊張して食べれないよ💓😣💦」そんな感じ(笑)。

「いいよぉ💦まだお腹すいてないし、帰るから😅💦」…。『なら黙ってコーヒー位付き合え‼』そう言われて喫茶店に入った。
初めて二人きりで向き合ったテーブル…💓✨私は緊張しながらコーヒーを、あなたはピラフ食べながら、…真っ直ぐ、わたしを見ていた…✨💦‼

一度も視線をそらさず、ずっと真っ直ぐ見つめられていた事、今も記憶えているよ😊💓‼
恥ずかしくて、どうしていいか判らなかった…。

この通り、へんに(へんなところにまで)記憶のいい私が、この時…何を話したのか?、緊張で話せないままそこにいたのか?、…全く思い出せない😉💦💨

喫茶店を出て駅の改札へと向かう途中、どちらからともなく“少しだけ飲みに行きたいね!”って会話の流れになった。

満員電車に飛び乗る二人…。わたしに触れないように絶妙な間隔で、でも、周りからガードしてくれてた、…あなたを感じてた。守られてるって…💓💘💓、少し背の高いあなたを意識した😊✨

【恋おちと言う完璧な魔法】に掛かっていたこの時の私は、もはや、途中乗り換えた駅も…帰りの事さえも、何一つ頭には入らず、見事な“おのぼりさん状態”だったと思われます(笑)。

いきなり、『よし、下りるぞ❗』そう言われ、手を引かれ飛び下りるなり、…『そのまま、来い❗こっちだ早く❗乗るぞ‼』…。
飛び下りた駅のホームも、飛び乗ったその電車も、…私は思い出せない。けど…。

いつの間にか、…ずっと繋いでた手👐が、心地良かったのは今でも記憶えている💓😊✨‼

『よし、下りるぞ❗』2回目?3回目?何回目?…そう言われて降り立った駅こそが春日部だった…。

見事、単純に(笑)、本多さんの魔法に操られた(←😉💦)わたしでした💘💓😊💦‼(でも、もしかしたら、…本多さん!、あなたも頑張って平静装おってたのかな😊⁉)

春日部に着いて尚、居酒屋の場所が何処か?とか、…たずねていた、鈍感でマヌケな私だったもんね‼(笑)。
『ここが、オレの住んでるアパートだよ…。』…。
やっと気付いた😅💦単純な作りの田舎娘の、…わたしでした。💓😉💦‼
(※時系列としては、この後🚏💖部屋と…あなた…へ続く)



本多さん、あなたは記憶えていますか…💓😊💦⁉