心のままに、わたしの正直(koe)

もしも、直に伝える事が可能ならば… ちゃんと自分の声で、自分の言葉で届けたい 。大事な記憶、大切な私の正直(心、声)。

🚏💖 J・Mの頃…⑥~別れ

f:id:bukiyouna-kuma:20180210065545j:plain

あなたとの別れ💔のシーンは、…私の部屋だった…。

【今でこそ、あの当時の自分を振り返って気付いた事。今の私だからこそ、気付けた“あんな事や、こんな事”の数々。】

ただの意地だと気付けず『“好き”と、…思い込んでいた…年上の彼に対する“義”』の気持ちと、

Hさんを好きな自分に気付けず『このままでは、この人に申し訳ない(泪)…無意識の中の“真”』の想い。

子供だった私は、…何が真実(ホント)かも判らず、あなたの前で泣くしか出来なかった。

もしかして、それが、あなたを苦しめた?…。いいえ…。きっと違うわね💦…。
あなたは、…全部、見抜いていたのでしょう?…😢💦

観察力が優れ、感受性豊かで…敏感だった、あなただったから、きっと、もうひとつの私が隠した本音にも。
もしかしたら、…あなたは気付いていた?…💦⁉
きっと、瞬時にサトラレタ!?…💦⁉

私の隠した、もうひとつの本音には『あなたを傷付けたくない…😢💦💦💦』…と,想う気持ちが働いたから。今その事を認め、あなたに懺悔します😢💦

あなたにだけ伝わればいい…。これを読んだあなたにだけ伝われば…💦。伝わらないか(笑)💦💦💦



あの時、泣き出してしまったのは、
『ふたりの間で揺れる自分が、自分で嫌だった』
『ふたりの間で、ずっと、“揺れていられる自信”が、…あの時の私には、…なかった😞💦』

わたしは、あなたから逃げようとした。なのに…。

思いもしない、…あなたからの別れの言葉に、パニックに陥ってしまった私は、…
あなたの前で、…狂ったように…泣きじゃくってしまった💦‼

辛くて、悲しくて、(打ち込んでる今も泪が伝う😢💓)、…気がおかしくなりそうな位、何も考えられず、どうしていいのかも解らず、判らず、苦しくて、寂しくて、…泣きじゃくるしか出来なかった…😢💦‼

あなたから私への、別れの言葉は…これまでにもブログに書いた通り…。

目の前で、あなたも沢山泪を流していた…。(わたしはホントに大馬鹿者ですよね😢💦)

あの時のわたしは、この時もう既に、…『想定外の悲しみで…“心が、粉々に砕けていた”😢💔』

声が出なかった…。声が出せなかった…。体が動かなかった…。心の中では叫んでいるのに…。

【イヤ…だ😢💦、行かないで…😢💦、ここにいて😢💦、「傍にいて…💢😢💦、お願い、おいていかないで💢😢💦」、『ひとりにしないで…😢💢‼』…。
胸を締めつけ、声になって出てきてはくれなかった、…
わたしの真の心の声…。】



瞳に映るシーンは、少しずつスローモーションで、ドア越しに消えていく背中を、…ひとり悲しく見送った。声に出来ず、体は動けず、まるで壊れたオモチャの人形のように…。

あなたとの映像は、そこで止まったまま…。フリーズしたままで…💔‼(その後、…25、6年もの長い時流を、わたしはきっと、…無意識にHさんを封印して生きて来てしまった。)



わたしには、別れのシーン以降のHさんに関する記憶が一切なくて…💦
たった一度、店の人達が話してた内容を、たまたま耳にして切なく思った💦
“Hさん、辞めるとか異動希望したとか!ねぇ、何か知ってる?”、…“えっ?そうなの!?何で?”…。…。

ほどなくして、わたしは会社を辞めた…。



※あれから、あなたは、…どうしていたの…😢💦⁉
Hさん、あなたは、…今もお元気ですか⁉どうか、元気で幸せでいて欲しい…😂💦‼

あなたを想うと、やっぱり、…泪は尽きなくて😂💦



6日水曜日の今頃は満月ですね✨
そして、10月4日は、…中秋の名月ですね✨🌕✨🎑

あなたとの、別れの夜になる予感…💦